FX

wimaxメリット デメリット

wimaxのメリット、デメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加  

wimaxのメリット、デメリット

月額料金が安い、コストパフォーマンスが高いwimaxですが、メリット・デメリットをまとめてみました。これからwimaxを申し込む人は参考にしてください。

 

 

そもそもwimaxとは

wimaxとはカードサイズくらいのモバイルルーターで電波を受信し、それをスマートフォン(携帯電話)、ノートパソコン、ゲーム機にwi-fi電波として電波を中継してあげるサービスです。

 

 

これまでも外出用のモバイルインターネットサービスはありましたが、月額料金が1万円近かったり、速度が低かったりとあまり使い勝手が良くないというデメリットがありました。

 

 

どこがサービス提供しているのか

UQコミュニケーションズという会社がWiMAXのサービスを提供しています。主要株主にKDDIなどが名前を連ねており、実質的にKDDIの関連会社になります。auのスマートフォンでwimaxが多く採用されています。

 

 

また有名プロバイダー(ISP)や家電量販店などがUQコミュニケーションズから回線を借りてサービスを二次提供しています。

 

主要プロバイダー

  • @Nifty
  • ビッグローブ
  • GMOとくとくBB
  • ヨドバシカメラ(ワイヤレスゲート)
  • ビックカメラ

 

WiMAXのメリット

コストパフォーマンスが高い

私が考えるwimaxの一番のメリットです。月額4000円以下(3696円)で月に7GBの通信量が割り当てられています。NTT docomoやau、ソフトバンクなどの携帯電話キャリアだと8GBで6700円という月額料金なので抜群に安いです。

 

1GBあたりの価格
wimax(7GB) 528円
携帯電話キャリア(2GB) 1750円
携帯電話キャリア(5GB) 1000円
携帯電話キャリア(8GB) 837.5円

※wimaxはUQWiMAX社の料金で算出
※携帯電話キャリアのパケット料金はNTT docomoで算出

 

この月額料金で7GB使えるというのは大きなメリットです。またヘビーユーザーには「UQ Flat ツープラス ギガ放題」4380円/月というプランも用意されており、こちらは月間データ量の制限がなしになっています。

 

他のホームページなどでwimaxは使い放題!と言っているところを良く見かけますが、2015年2月に改定され、通常プランは7GBまで、ギガ放題プランは無制限になっています。情報が古いので注意しましょう。
※別途3日間で3GBの制限あり

 

通信速度が速い

現在WiMAX2+(最大220Mbps)とWiMAX(最大40Mbps)の2電波がありますがこれが想像以上に速いです。電波ものなのであまり期待していなかったのですが、思ったより速い。実測で10メガオーバーを普通に出しています。昔に比べアンテナが増えたので速度、つながりやすさが上がり、回線も安定したようです。

 

旧WiMAXは最大13.3Mbpsに

2015年2月より順次WiMAXの最大速度が13.3Mbpsに変更されています。これは帯域をWiMAX2+に振り分けている為です。地域ごとに徐々に変更されています。

 

バッテリー持ちが良い

これはモバイルルーターの端末次第なところもありますが、思ったよりも持つという印象です。カタログスペックで10時間とか書いていてもこんなに電池持たないでしょって思ってたらカタログスペック値前後でおさまりました。HWD15という機種で10時間ほど。

 

 

もちろん、使っているうちにバッテリーがへたってくることは想像できますが、もともと10時間も持ってくれれば特別問題はないです。

 

WiMAXのデメリット

郊外では電波の掴みがやや辛い

郊外に旅行なんかで行くと少し電波の背理が良くないなと思うことがあります。特に山間部は顕著です。やはりユーザー数が少なそうなところはアンテナの数が少ないのだろうと思われます。これはある程度しょうがないところですね。

 

オプションでauの電波も利用可能

auの4G LTEも月額1005円で利用することができます(対応機種のみ)。郊外によく行く人はこのオプションを利用すると快適に使える可能性が高いです。このオプションは使いたい月だけ契約することができるので、旅行先や出張先でwimaxを使いたい時だけ契約しても良いでしょう。

 

速度は時間帯によって変わる

これは他のインターネットを使っていても思うことですが、wimaxでも混み合う時間帯はスピードが落ちます。具体的には21時~24時くらいです。

 

集合住宅のフレッツ光などの光ファイバーでもこの時間帯は遅くなるのでwimaxのデメリットというよりはインターネットのしょうがないところともいえますが、この時間帯は混み合います。

 

 

まとめ

色々と書いてきましたが、結論としてはwimaxは使えるという結論です。コスパが高いのでふところに優しいですし、速度はなんら不満はありません。電波に関しては昔は少し残念なところもありましたが、近年のアンテナ増強とauのLTEサービスも利用できるようになったので使いやすくなりました。

 

 

私はタブレット端末のnexus7とノートパソコンと組み合わせて使っていますが、スマートフォンなんかとの組み合わせもありです。ゲームをする人ならPSVITAとかニンテンドー3DSと組み合わせて外出先のカフェなんかでプレイもできますね。使い方は人それぞれですが、基本的なスペックは整っているので何かと使えます。

 

 

色々な会社がwimaxサービスを提供しています。私は@Niftyを利用していますが、キャンペーンの良いところを選んでおけば良いでしょう。これからモバイルインターネットを検討している人にはwimaxをおすすめします。

今月のオススメWiMAX
GMOとくとくBB WiMAX2+
モバイルルータ:W04(クレードルなし)
当サイト経由の申込みでキャッシュバックあり!

⇒キャンペーンの詳細・申込みはコチラ


⇒各社のWiMAXキャンペーン一覧を確認する(TOPページ)

関連ページ

wimaxでプロバイダー契約は不要?
ギガ放題プランとは
wimaxの1年契約プランは受付終了
wimaxプロバイダーによる速度の違い、比較
wimax2+と旧wimaxの違い
単身赴任(出張族)におすすめのインターネット
wimaxの店舗申込み。家電量販店頭などでも契約可能だが…。
WiMAXの最大同時接続数とは。接続数が増えると遅い?
WiMAXの乗り換えキャンペーン。違約金負担はオトク?
WiMAXの更新月の確認方法。解約、乗り換え、新規契約はこの時期に。
WiMAXでオンラインゲーム、ネットゲームはできるか
WiMAXの電波が入らないかも…。不安な時はTry WiMAXで無料お試し
格安simでテザリングするならドコモ端末、simフリー端末を
WiMAX2+がプライベートIPに。グローバルIPアドレスオプションがあるプロバイダ一覧
長時間持つ機種はこれだ!wimaxのバッテリー長持ち機種比較
mvno(格安スマホ)でテザリングは可能か。
WiMAXのエリア拡大電波改善要望の出し方
【サポートセンタ一覧】WiMAXルーター紛失時などの対応、お問い合わせ電話番号
インターネットの配線撤去方法
配線なしでインターネット接続する
スマホの通信費節約方法
スマホのテザリングの電池持ち
wimax2+は速度制限あり!申込み前に知っておきたいこと
【まとめ】wimaxタブレットキャンペーン
WiMAXにクレードルは必要か?
WiMAXが遅い!解約したい!と思った時の4つの対処方法
wimaxの速度制限なしはいつまで?
wimaxの3日3GB速度制限が超緩和!
wimaxはプロバイダを乗り換えて使うもの
WiMAXのヨドバシキャンペーンがイマイチな理由
2017WiMAXルーターの選び方と契約方法
初期費用無料のWiMAXプロバイダー
wimaxは田舎で使えるか?
wimaxは室内ではつながらない?改善方法まとめといた!
このエントリーをはてなブックマークに追加