FX

一人暮らし おすすめ インターネット

一人暮らしおすすめのインターネット
このエントリーをはてなブックマークに追加  

一人暮らし おすすめのインターネット

 

新社会人、新大学生、新専門学校生などで一人暮らしを始める時にインターネットを契約する必要がある。ただどれを選んで良いのかわからない、迷うということはよくあります。多くの会社がインターネット回線(プロバイダー)を提供しているので選ぶのはなかなか難しいです。そんなときに選ぶ参考になる情報をまとめてみました。参考にしてください。

 

 

wimax

一人暮らしおすすめのインターネット

 

これは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。外出先でもつかえるインターネット、wimaxです。外で使えると言うのがウリですが、自宅でも利用することができます。

 

 

wimaxを契約する時に購入するモバイルルーターをノートパソコンやスマートフォン、ゲーム機に接続すればインターネット接続できます。設定は特別難しいことはなく、普通のインターネットと同様です。

 

 

wimaxのメリットは工事が不要、申し込んで即日使えると言うところです(インターネット上から申し込みすると当然ですが送られてくるまでは使えません。到着を待ちましょう)。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 

工事が不要

 

工事が不要なので自宅の壁などに穴を開けたりする必要がなく借家でも何の心配もいりません。光インターネットなどだと自宅の外壁に金具を打ち込んで工事することがあるので工事不要は賃貸物件に住む人にとっては助かります。

 

 

また工事不要なのですぐに使えます。工事の日程を決めて、立ち会うことがないから当然です。引越し時期が迫ってきていて、まだインターネット契約が済んでいないという時にも安心です。

 

 

引越ししても使える

 

光インターネットやADSLだと引越しして新居に移ったらまた新しく工事する必要があります。でもwimaxだと引っ越し先もwimaxのエリア内だと何も変わらず使い続けることができます。契約を変更したりする必要もないのでお手軽です。

 

 

電池持ち

 

これは購入するモバイルルーターによりますが、8時間~10時間連続で使える端末が増えてきました。何日間か自宅で充電できない(旅行など)場合はモバイルバッテリーを用意しておくと良いです。端末のバッテリーも使っていくうちに持ちが悪くなっていくので一応モバイルバッテリーは準備しておくに越したことはないです。

 

 

据え置きタイプのインターネットと比べて速度は?

 

据え置きタイプのインターネットは100M(メガ)~が主流で、持ち運び型インターネットは数十Mくらいというのが一昔前でしたが、最近はほとんど変わらないような速度まで進歩しました。

 

 

wimax2+という規格だと最大で220Mまで対応(機器によっては110M)しています。場所や電波状況によっては速度が変わってくることはもちろんありますが、昔の持ち運びインターネットと比べると段違いに快適になりました。

 

 

まとめ

一人暮らし(単身世帯)なら手軽に使えるWiMAXはおすすめです。引越しする時なんかにも手軽に持っていけますし、ライトユーザーならマートフォンでのインターネット接続に利用することで携帯電話キャリアのパケ放題を外す(プランを下げる)ことも可能です。このように身の回りのインターネットをWiMAXでまとめて通信費用の節約ということもできます。

 

 

手軽に使える、この点で一人暮らしのインターネットにはWiMAXをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加